【社寺】参集殿工事が完了、正月を迎える準備が整う 来宮神社

1300年の歴史を持つ来宮神社(雨宮盛克宮司)で28日、5月から続けてきた新社務所と参拝者のための休憩所となる新参集殿の工事が完了した。ご覧のように、お守りやお札、絵馬などを頒布する社務所も大きく生まれ変わり、多くの参拝者が訪れた。新参集殿は地下1階、地上1階で屋上が開放スペースになっている。

55年ぶりとなる本殿・拝殿の塗り替え工事も一足先に完了しており、これで新年を迎える準備が整った。
同神社では31日午後11時から「神札焼納祭(しんさつしょうのうさい)」と「大祓式(おおはらいしき)」を行い、1日午前10時から「元旦祭」に移り、新年を祝う。大晦日から3が日の参拝客は約7万人を見込んでおり、アルバイトを含め80人のスタッフで対応する。

売り場外観DSCN1157

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る