【社寺】運慶作の毘沙門天像、年に1回「1時間だけ」のご開帳

 

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日朝、例大祭が開かれ、毘沙門天像がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、この日の午前5時30分〜6時30分の1時間だけ。午前5時30分、富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、参拝者たちは毘沙門天像に手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願した。縁起物のだるまの販売もあり、多くの人が買い求めた。

メーン 正面右横登り旗とりい DSC_3923ssDSC_3910ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る