【経済】「湯~遊~バス」のラッピングが一新 uwabamiがデザイン

 

4月1日から新たにスタートする熱海市内名所めぐり「湯~遊~バス」のラッピングが一新されることになり、運行する伊豆東海バスは25日、そのデザイン画を公表した。

先の混流温泉文化祭で仲見世通り商店街の各店舗の窓ガラスに即興画を描き、人気を博したアートユニット「uwabami」(ムトウアキヒトさん&はらだかおるさん)にデザインを依頼、ご覧のようなラッピングを施した。31日にお披露目される。

同バスは今月で熱海市委託事業による運行を終了し、4月1日から伊豆山ラインをなくして運行(路線バスで対応)する。

フルラッピングを施した2台の専用バスを使い、ボランティアガイドも引き続き乗車して案内する。

(熱海ネット新聞)

 

 

ラッピングバス

 

 

uwabamiがデザインしたラッピング

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る