【編集室】今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」、熱海では…

新年の始まりをお祝いするかのように今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」が4日早朝、熱海上空にもやって来た。同流星群は昨年末に話題になった「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。
毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、国立天文台によると日本での流星のピークは4日の朝4時半頃。観測条件が良いところでは、1時間に数十個程度の流星を見ることができるという。本紙は1日のうちでも最も寒い時間帯にもかかわらず、果敢に撮影に挑戦したが、星は無数にあるものの、満月間近の月明かりに邪魔されて流星群の撮影は不発に終わった。熱海の夜景と月、星空をお届けする。
(本紙天文取材班)

tuki

IMG_9258ss IMG_9266ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る