【編集室】静岡県の転出超過7240人、熱海市は22人の怪

総務省が公表した平成26年の人口移動報告によると、静岡県は転出者が転入者を7240人上回った。8942人の北海道に次ぐ全国ワースト2位。転出超過は前年より348人増え、人口流出に拍車が掛かったという。
市町別では、沼津市が1089人(全国7位)。静岡市も962人(同13位)。熱海市はどんなものかと調べてみると、興味深い数字が表れた。昨年1年間の転出者は1918人で転入者は1896人。転出超過はわずか「22人」だった。1年間で人口が550人減少していることを思えば、人口減に占める割合は「4%」に過ぎない。
熱海市の人口減少は「少子高齢化」に行きつく。昨年1年間の出生者が152人なのに対し、死去者は680人。子供は2・4日に1人しか生まれないのに死者は1日につき1・86人の計算。「ヤンママ、ヤンパパ」に絞った雇用促進との移住推進こそ急務。高齢化率(65歳以上)43%からは産声は聞かれない。
(編集主幹・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る