【編集室】市長の熱意が実り「岡本ホテル跡地」購入価格2000万円超削減へ

岡本ホテル跡地の購入を巡って斉藤栄市長に値下げ交渉を求めていた市議会総務福祉教育委員会(山田治雄委員長)は15日、今月24日に市役所で同委員会協議会を開くことを決めた。この席で、市長は新たな購入額を公表し、委員会の判断を仰ぐことになる。

 

同委員会は市議会2月定例会で、市が4月1日に契約を予定していた3億9000万円での購入に「待った」をかけ、市長に契約前に購入額を引き下げる交渉をするよう求めた。市が3億1000万円の鑑定評価意見書を得ておきながら、議会に隠していた事実が判明したからだ。

 

市長は3月28日の協議会で土地所有者の(株)ひまわり(新保光栄社長)と行った再交渉の内容を報告したが、ここで意外な展開になった。市長が「新たな金額」には触れず、「先方より、実測した結果、公簿上の面積より50坪ほど狭いと突然に言われた」と奇怪な事実を明かしたからだ。これで協議会はまたまた紛糾。市が坪単価40万円で購入を予定していたことを踏まえ、委員から「50坪狭いなら、2000万円まけさせるべきだ」の声が上がり、再々交渉を突きつけた。

 

新たな購入額は24日に市長が公表するが、これまで「大きく下げなければ購入できないのであれば、他に売却せざるを得ない」とかたくなだったひまわりが、市長の熱意で「大幅に譲歩した」という情報もあり、2000万円超の値下げが予想されている。

 

(編集主幹・松本洋二)

 

最新岡本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る