【観光】本選に20人進出、23日にミス梅の女王、ミス梅娘2人、ミス桜娘2人が決定

「第29回ミス熱海梅の女王コンテスト」(熱海市観光協会主催)の最終審査が23日にMOA美術館・能楽堂で開かれ、ミス熱海梅の女王1人とミス熱海梅娘2人、ミス熱海桜娘2人が決定する。梅の女王には20万円、梅娘・桜娘に10万円がそれぞれ贈られる。任期は来年1月1日から2年間。
1次審査が今月9日に熱海商工会議所で行われ、静岡県内をはじめ東京、神奈川、千葉、埼玉の1都4県73人の応募者の中から本選に進む20人が決まった。最終審査は自由に観覧できる。
写真=前回の最終審査

日時/11/23(月・祝)11:30開場・12:30開演
会場/MOA美術館「能楽堂」
問合せ/熱海市観光協会 電話0557-85-2222

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る