【観光】林家たけ平さんが創作落語「金色夜叉」、記念演芸会

熱海市教育委員会は17日、熱海芸妓見番で「尾崎紅葉祭・記念演芸会」を開催した。今年は熱海芸妓衆が「金色夜叉」の「熱海海岸別れの場面」の舞踏を披露したのに加え、人気落語家の林家たけ平さんが新作の創作落語「金色夜叉」を演じ、会場が満員になる180人が駆け付け、拍手を送った。

◇金色夜叉(こんじきやしゃ) 明治33年~36年までの7年間、読売新聞に連載された小説。尾崎紅葉(慶応3年~明治36年)はこの作品で熱海を全国に知らしめた。
◇ストーリーをざっと読む 一高(東大)の学生の間貫一(はざまかんいち)は鴫沢宮(しぎさわみや)と許婚の関係にあったが、宮は貫一を裏切り、金持ちの男と結婚する。貫一は熱海の海岸でその話を聞き、怒りに震え「来年の今月今夜(1月17日)、僕の涙で必ずこの月を曇らして見せる!」と宮をけり飛ばし、復讐のために高利貸しになり、成功する。その後、2人は熱海で再会するのだが…(あとは実際にお読みになって下さい)。

アップ 林家たけ平さん 動画

会場

お宮金色夜叉 動画

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る