【講演】哀川翔さんが子育て術を熱弁

俳優でタレントの哀川翔さん(53)が18日、MOA美術館能楽堂で開かれた「教育講演会」(熱海市PTA協議会主催=磯聖幸会長)に登壇し、小中学生の保護者約450人に子育て術を熱弁した。
伊豆山港「喜久丸」の松本早人船長が同協議会の役員で、哀川さんが喜久丸の常連客だった縁で実現した。哀川さんは、子供5人を育てた経験から「うそをつかない、物を盗む、人を傷付ける、この3つだけはしないようしつけてきた。それ以外は何やってもよしと」「1日3秒だけぎゅっと抱きしめる、これだけで子供は安心する」などと持論を展開。「5人ともぐれずに育ってくれた。やりたいことは自分で決めさせ、何かあった時に出て行くのが親。それまで健康に遊ばせておけばいい」と哀川家の子育て術を披露した。

◇哀川翔(あいかわ・しょう) 1961年徳島市生まれ。父親は海上自衛隊のパイロット。路上パフォーマンス集団「一世風靡セピア」のメンバーで歌手デビュー。「Vシネマの帝王」として知られ、映画「ゼブラーマン」でも主演。ラリートドライバーでも活躍。「早寝早起き」が信条で朝日が昇る午前4時半に起き、午後8時には床に入る。3男2女の父。

写真=伊豆山港でアマダイをゲットした哀川翔さん(熱海喜久丸より)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る