【風物詩】これで景気も右肩上がり、朔旦冬至は19年に1度のめでたい「冬至」  

22日は、1年で1番昼の長さが短い冬至と、新月が重なる「朔旦(さくたん)冬至」。冬至は、太陽の高度が上がっていく転機となる日。一方、新月は最も欠けた月がこれから満ちていく節目。それが重なる朔旦冬至は19年に1度しか訪れず、太陽と月がともに“復活”するめでたい日とされる。古来の宮中では祭事が行われていたという。
そのめでたい日の出を写真を収めようと、渚親水公園ムーンテラスを訪れると、日の出は午前6時48分。日の入りは午後4時35分だった。夏至に比べると、昼の長さは5時間近く短かった。(本紙天体取材班)

朝日ムーンテラス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る