【風物詩】これで景気も右肩上がり、朔旦冬至は19年に1度のめでたい「冬至」  

22日は、1年で1番昼の長さが短い冬至と、新月が重なる「朔旦(さくたん)冬至」。冬至は、太陽の高度が上がっていく転機となる日。一方、新月は最も欠けた月がこれから満ちていく節目。それが重なる朔旦冬至は19年に1度しか訪れず、太陽と月がともに“復活”するめでたい日とされる。古来の宮中では祭事が行われていたという。
そのめでたい日の出を写真を収めようと、渚親水公園ムーンテラスを訪れると、日の出は午前6時48分。日の入りは午後4時35分だった。夏至に比べると、昼の長さは5時間近く短かった。(本紙天体取材班)

朝日ムーンテラス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る