【まちづくり】観光客とまちの交流拠点に 「ゲストハウス マルヤ」プレオープン

熱海のまちづくりを手掛ける株式会社machimori(市来広一郎代表取締役)は今月18日、市内熱海町に「ゲストハウス マルヤ」をプレオープンした。10年間利用されていなかった空き店舗をリノベーション(改修)したもので「現代版家守(やもり)」として、観光客と市民の交流拠点を目指す。素泊まりする形を基本とし、宿泊価格を格安にしたほか、個室も用意されている。情報交換、交流、飲食などができる共有スペース「シェアラウンジ」には、最大30人が利用できるソファ、椅子、テーブルを用意。パソコン環境も整っている。調理器具、食器類などが自由に使えて自炊可能なキッチンも備えた。

同ゲストハウスの開業資金はクラウドファンディングで募集、開始後1週間経たないうちに目標額100万円を突破し、179万円余りが集まった。この資金をベースに熱海市をはじめ、首都圏などから賛同者が駆け付け、手弁当で多くの部分を造り上げた。正式オープンは11月11日を予定している。

◆宿泊部屋 全21室で最大収容人数は30人。1人用シングルが14室、2人用ツインが5室、3人まで利用できるロフトルームが2室。トイレ、シャワーは共用。
◆料金 通常1泊素泊まりでシングル3888円、ツイン7776円、ロフト1万800円。事前に「アタミスタパスポート」(年間5千円)を購入すれば、シングル3240円。すべて税込料金。土日で変動あり。
◆問い合わせ ゲストハウス・マルヤ〈電0557(82)0389〉へ

maruya

共有スペース 宿泊スペース ロフト 個室 布団部屋3個室2 台どころキッチン  IMG_9658ss シャワー トイレ 間取り 料金

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る