【経済】シンガポールで観光PR、2カ月連続で誘客促進

熱海国際経済交流会(鵜沢精一会長)は4月24日までの5日間、アジアの拠点シンガポールで観光PRを行った。熱海海上花火大会、梅園もみじまつりなどを紹介する英語や中国語で書かれたパンフレットやあつおグッズなどを持参して主要旅行業者各社を訪ね、熱海温泉の観光プロモーションを行った。鵜沢会長と加藤崇夫、丸山和弘理事が訪れた。
近年、シンガポールでは就学旅行等で日本訪問を希望する学校が増加。熱海市の宿泊施設は東京や神奈川、世界遺産・富士山、アウトレットが近距離にあることなどの至便性を強調し、誘客に努めた。今年3月に続く訪問で交渉を促進した。

かと2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る