【社寺】伊豆山神社で「湯神祭」 温泉に感謝し、源泉の長久祈る

熱海市の伊豆山神社で1日、伝統神事「湯神祭(伊豆山温泉感謝祭)」があった。伊豆山地区の116本(現在70本利用)の源泉所有者や温泉利用施設関係者が、それぞれの施設でこの日朝くみ上げた温泉をおけや一升瓶に入れて持ち寄り、参列した。
原口尚文宮司の神事に続いて、本殿前のたるに注ぎ入れて捧げ、水と火をつかさどる同神社の御祭神「天忍穂耳尊」(あめのおしほみみのみこと)に泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続くことを祈願した。

湯神祭は昭和3年11月10日の昭和天皇御大典(即位式)の際に同神社が国弊小社(こくへいしょうしゃ)となって以降、昨年まで11月11日に行ってきたが、地域住民や観光客など多くに人に参加してもらおうと、今年から11月初めの日曜日に変更した。感謝祭は温泉利用の1年間を締めくくる行事として毎年、同神社と伊豆山温泉組合(松本義広組合長)が続けており、今年は湯豆腐のサービスや食事つき入浴券などが当たる抽選会を行った。伊豆山温泉には1300年の歴史があり、日本三大古泉の一つとされる源泉「走り湯」で知られる。

湯持ち込み

鈴 神事 客 サービス 湯豆腐 抽選 景品

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る