熱海梅園で白いヒガンバナ3本切られる 立て札でマナー順守と注意喚起

熱海梅園に植えられていた白いヒガンバナ(彼岸花=曼珠沙華)3本が茎ごと切り取られていたことがわかり、9月26日、熱海市が被害状況を公表した。香林亭近くの被害現場に「園内の草花の伐採は禁止です」「花を折らないで下さい」の立て札をこしらえ、マナーの順守を呼びかけるとともに、注意を喚起した。
彼岸花は、花全体にリコリンやガラタミンなど約20種の有毒アルカロイドをもっており、毒抜きせずに食すと30分以内に激しい吐き気や嘔吐に見舞われることがある。重症化すると呼吸不全やけいれん、中枢神経の麻痺などを引き起こすという。ヒガンバナの仲間であるスズランスイセンなども同じような毒があり、注意が必要だ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る