【社寺】「夏越の大祓」暑い夏を無事乗り切り、無病息災を願う 伊豆山神社

伊豆山神社(原口尚文宮司)で30日夕、「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」があり、参拝者が境内に設置された「茅の輪(ちのわ)」をくぐり、無病息災を願った。
暑い夏を無事乗り切ることを願い、毎年6月30日に行われる夏越の大祓は、日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢れ(けがれ)を、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする神事。平安期から親しまれているという。原口宮司は絹や麻の布を引き裂いて魔物が嫌うとされる「衣擦(きぬず)れの音」を響かせ、除災を祈願した。

集まった人たちは大祓詞(おおはらえのことば)の祝詞(のりと)を唱えたあと、原口宮司に続いて古式に従い三度、茅の輪をくぐった。近年は抜き取ったカヤで小さな輪を作り、厄よけのお守りにすることが、新たな風習になっている。
年越しの大祓は12月31日に齋行される。絹切り 絹お祓いIMG_1414ssうた後ろ客女茅の輪ルール

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る