【四季】今年は大豊作、630キロの梅の実を収獲

熱海市は1日、熱海梅園で梅の実の採取を行った。市職員14人、ボランティア21人、業者5人の計40人が参加。課外授業で第一小1年生48人が見守る中、梅の木の下にブルーシートを広げ、竹の棒で枝葉を揺すって振り落とし、630キロを集めた。

熱海梅園には59種、472本の梅の木が植栽されているが、梅干しなどに使える気は「白加賀」「長束」など132本の実梅。今年は積雪もほとんどなく、気温が高い日が続いたことから昨年(420キロ)を大きく上回った。最近10年で一番の豊作。

収穫した実は市内の梅干し製造会社「東明」(岸幸宏社長)に販売され、「熱海梅園梅干」として市場に出る。一部は熱海梅園の草むしりなどに尽力するボランティアなどに無料配布した。

とっぷゆらゆら  容器 振り分け うめあっぷ第一小ギャラリーメーン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る