【編集室】梅園に「カラス注意報」、2組目のカルガモ母子が緊急疎開

熱海市都市整備課では、繁殖期が続くカラスに気をつけるよう熱海梅園内に掲示板を張り、注意を呼びかけている。この時期のカラスはヒナや巣を守ろうと、巣の付近を通る人に威嚇や攻撃をしてくることがあるという。
通常、巣は10メートルほどの樹木や電柱などに作るそうで、写真の観光客も目の前で木から急降下してきたカラスに威嚇され、間一髪で難を逃れた。先日も本紙カメラマンが梅園橋を渡っている途中に威嚇されたばかり。

人間でさえ恐怖を感じるのだから、カルガモの心中は察して余りある。
実は1週間ほど前、初川下流の初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)に、新たなカルガモ母子が出現した。6羽のヒナで、大きさはピンポン玉くらい。前回のカルガモの子供たちと比べると、かなり小さかった。おそらくカラスの襲撃を恐れ、慌てて疎開してきたのだろう。

安住を求めた新天地だったが、昨8日に訪れるとヒナは4羽に減っていた。カラスの襲撃か、川に流されたのかは分からない。梅雨入りし、夜中に雨が降ったこともあり、9日朝に再度訪れると、ヒナは1羽だけだった。
カルガモを自主的に見守っている、近隣のおばちゃんたちによると、水量が急激に増し、海に流されちゃったみたい、と。「グェグェ」と鳴きながら子供たちを探す、いたいけな姿が同情を誘った。

自然の摂理を目のあたりにするとともに、今年は母ガモが2羽。昨年巣立って行った8羽のカルガモが母親になって戻ってきた可能性が高い。この様子だと、来年以降もカルガモ狂想曲は続く。イベントが少ない6月、熱海の新たな風物詩に定着しそうである。それにしても…。

IMG_2844ss IMG_2672ss IMAG2746 kamo102 kamo100 IMAG2743-1

IMAG2740

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る