【文化】植物研究園で「春の一般公開」始まる 24日までの12日間

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で12日、「春の一般公開」が始まった。真っ赤に色づいたシダレモモ(枝垂れ桃)、ミツバツツジなどが見ごろを迎え、春に紅葉する珍しいノムラカエデカエデも色づき始めた。クマガイソウやアマギシャクナゲも開花の兆しを見せている。
園内には渓流が流れ、数多くの樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成している。眼下の相模湾には初島、伊豆大島が望め、周囲を山や木々に囲まれた環境にある。
この庭園は樹木やせせらぎを自然のまま活かし、池や庭石などを巧みに配し、日本庭園としての風格を保っている。
通常は植物研究に関わる研究者の利用に限られているが、新緑と花の咲き誇る春と紅葉が美しい秋の2回、一般に公開。春は科学技術週間にあわせて公開する。24日まで。
◆植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して平成3年に開園。現在は大学などの研究拠点のため非公開。標高277~310メートル。約1万2270平方メートルの園内には、400種以上の草花が植えられている。
◆アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。熱海市相の原町11の8。問い合わせは☎0557-81-2656(同園)。

池トップ背中 シダレモモ ミツバツツジ 池 IMG_1472ss3入口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る