【文化】植物研究園で「春の一般公開」始まる 24日までの12日間

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で12日、「春の一般公開」が始まった。真っ赤に色づいたシダレモモ(枝垂れ桃)、ミツバツツジなどが見ごろを迎え、春に紅葉する珍しいノムラカエデカエデも色づき始めた。クマガイソウやアマギシャクナゲも開花の兆しを見せている。
園内には渓流が流れ、数多くの樹木や草花、苔類等が植物生態系を構成している。眼下の相模湾には初島、伊豆大島が望め、周囲を山や木々に囲まれた環境にある。
この庭園は樹木やせせらぎを自然のまま活かし、池や庭石などを巧みに配し、日本庭園としての風格を保っている。
通常は植物研究に関わる研究者の利用に限られているが、新緑と花の咲き誇る春と紅葉が美しい秋の2回、一般に公開。春は科学技術週間にあわせて公開する。24日まで。
◆植物研究園 リコー三愛グループ創始者の故市村清・ユキエ夫妻の別荘「清恵荘」を改修して平成3年に開園。現在は大学などの研究拠点のため非公開。標高277~310メートル。約1万2270平方メートルの園内には、400種以上の草花が植えられている。
◆アクセス JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。午前9時〜午後4時。入場は無料。熱海市相の原町11の8。問い合わせは☎0557-81-2656(同園)。

池トップ背中 シダレモモ ミツバツツジ 池 IMG_1472ss3入口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る