【ゴルフ】雨の中、渡辺彩香が単独2位発進 アンダーパーは2人だけ

◇富士通レディース第1日(16日・千葉県東急セブンハンドレッドC=パー72)
雨が降り続く中、今季2勝目を目指す渡辺彩香(22)=ユピテル=が4バーディ、2ボギーの70で回り、首位に3打差の2位につけた。今季4勝のテレサ・ルー(台湾)が5バーディー、ボギーなしの67で首位スタート。
72で回った服部真夕、種子田香夏、申ジエ(韓国)ら7人が3位。前週優勝のイ・ボミ、昨年覇者のアン・ソンジュ(ともに韓国)ら12人が10位。アマチュアの勝みなみ(鹿児島高)は74で22位。

 

ツアー随一の飛距離を誇る渡辺彩香が、その武器を生かしてスコアを伸ばした。一日中降り続いた雨。「ラフに入ったらパーが精一杯」という重いラフ。イボミが、「昨日ピッチングウェッジで打ったところが、今日はユーティリティでした」と言うほどの強い風。こういうコンディションだからこそ、持ち味の飛距離は大きなアドバンテージだった。最終ホールの18番、パー4は今日のハイライトだった。幾多のドラマを生んできたシグネチャーホール。今日の平均ストロークは、4.7368。パーオン率は6.3%と2打でグリーンに乗せてきた選手は殆どいない。そんな難ホールも、セカンドショットでウッドを使う選手が多い中、4番アイアンで2オンに成功。しっかりパーをセーブした。

「このコースは距離が長いので、こういう天気のときは、飛ばせるほうがアドバンテージになります」と、十分に持ち味を生かせた。さらに、「雨の日は集中して良いプレーができる」と、雨も味方にできた。

「今日は60点です」。そう自己評価した渡邉。「ショットが良かったからフェアウェイから打てた。だから、もっとチャンスが多くても良かった…」と、渡辺らしさを発揮しつつも、まだまだ課題も見える。それでも、可能性を感じたこの日のプレーだった。明日も、ビッグドライブで飛距離だけでなく、スコアも伸ばしていきたい。

文と写真=LPGA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る