【社会】激しい雨と風、熱海市内全域(21280戸38240人)に一時「避難準備」発令

台風18号の直撃は免れたものの熱海市では9日午前9時15分に土砂災害の危険性が高まったとして市内全域(21280戸38240人)に避難準備情報を発令。南熱海支所、いきいきプラザ、泉支所の3カ所に避難所を開設し、危機管理課、消防など71人が警戒にあたった。けが人や大きな物的被害はなかったが、断続的に降り続く雨と風で交通は混乱。JR伊東線は午前8時前から3時間、東海道線の熱海-小田原間も1時間にわたって運転を見合わせた。
熱海-初島間を運行する富士急マリンリゾートの定期船は、午後2時10分熱海発の往復1敏以外が欠航。東海汽船の大島航路は全便欠航した。

避難準備情報は同日午後1時13分、解除された。

IMG_9000ssIMG_2021ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る