【花】サツキをきれいに剪定、新芽の受け入れ準備完了 姫の沢公園

姫の沢公園の富士山に臨む山の斜面でサツキの剪定作業が19日までの3日間あった。5~6人の造園業者が大鋏や剪定機を使い、4050平方mある、背丈が半分埋まるほどの高さのサツキを職人技で剪定。ジグソーパズルのような形状に整えた。

サツキは5月中旬~6月上旬にかけて花を咲かせ、6月中旬から7月中旬に翌年の花芽をつける。翌年の花芽は新しく出た新枝の先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらせないと、翌年の花数が少なくなるのだという。ご覧のように剪定前のツツジと剪定後では形状が違い、まるで大きな盆栽。ツツジは伸びた枝の先に花を付けるが、サツキは花の先に枝を付ける。

DSC_2693ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-7

    【お悔やみ】岡田カズ子さん(熱海市網代)12月5日死去

    岡田カズ子さん(おかだ・かずこ)12月5日死去、80歳。熱海市網代412。出棺8日午後2時、JAホー…
  2. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  3. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  4. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
ページ上部へ戻る