熱海ビーチライン、14日正午から通行可能に 国道135号通行解除まで無料 

静岡県と熱海ビーチラインを運営する「グランビスタ ホテル&リゾート」は7月13日、熱海市伊豆山地区の土石流災害で一般車両が通行止めになっている有料道路「熱海ビーチライン」(全長6・1キロ)について、14日正午(昼の12時)から一般車両も通行無料にする臨時措置をとると発表した。無料期間は国道135号の通行規制が解除されるまで。125cc以下の自動二輪及び原動機付自転車も通行できる。
これまで熱海ビーチラインは、時限対応として緊急車両と地元車両限定で通行を認め、無料で開放としてきたが、熱海市の観光団体などから、国道135号の通行規制が解除されるまでの間、一般車を含む全ての車両の通行を無料にしてほしい、という要望が出されていた。
(熱海ネット新聞)

国道135号の通行止

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

ページ上部へ戻る