【市政】熱海市振興公社の解体発表 市営に戻し、3年後に指定管理者公募

熱海市の斉藤栄市長は20日、市振興公社を平成30年(2018年)度末までに解体する方針を発表した。本年度末で指定管理契約が切れる市営駐車場の管理は来年度から市直営に移行し、3年かけて職員12人への対応など解散に向けた作業を進めていく。
直営移行に必要な関連議案を市議会11月定例会に上程する。振興公社は市営駐車場(7カ所)のほか、姫の沢公園と姫の沢自然の家の指定管理者を務めていて、いずれの指定期限も平成30年度末。解体後は、指定管理者制度に戻し、熱海市観光協会を含め指定管理者を公募で選定する方針。
振興公社の改革をめぐっては、同観光協会と合併して「あたみ観光局」を発足させる計画が2年前にあったが、「破談」になっていた。

姫

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  2. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  3. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
  4. 2021-10-22

    起雲閣でモロッコ•フェズ刺繍作家・中山奈穂美さん作品展 ART EXPO始まる

    東京都と熱海市の双方に住まいを持つ「二拠点生活」を続けながら、都内でモロッコ伝統の「フェズ刺繍(しし…
ページ上部へ戻る