熱海市泉の海岸(千歳川河口)で水難事故 男性2人が溺れて死亡

8月8日午前10時半ごろ、神奈川県との県境に近い熱海市泉の海岸沿いのマンションの住人から「海で溺れているいる」との110番通報があり、熱海市消防が海岸から約20mの沖合でうつぶせの状態で浮かんでいる男性1人と波消しブロックに流れついた男性1人を意識不明の状態で救助した。
警察と消防によれば、40〜50代と30〜40代の男性で搬送先の病院で死亡が確認された。2人は海水パンツやマリンレジャー用の靴を身につけていたが、ほかに所持品がなく、警察が2人の身元確認を進めるとともに、溺れた経緯を調べている。
事故当時、熱海市には台風10号の影響で「波浪注意報」が出ていた。現場は千歳川河口の湯河原町との境にある海岸。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

ページ上部へ戻る