【梅園】紅葉の落ち葉を一斉拾集 梅まつりに備え「190袋」

来年1月9日に開幕する梅まつりに備え、熱海市シルバー人材センター(藤間勝夫理事長)は17日、熱海梅園のボランティア清掃を行った。午前9時30分から2時間にわたり、会員48人と職員4人が参加。韓国庭園から正面玄関間の紅葉や木々の落ち葉を熊手や竹ぼうきで拾集したり、送風機で飛ばしたりして景観を取り戻した。この日、集まった落ち葉の量は市の大きなゴミ袋190個に及んだ。。
同センターは地域貢献を目的に毎年、定期的に市内で清掃奉仕に取り組んでいる。今年も海開きに合わせ7月に上多賀の長浜海浜公園で、10月には和田浜南町の海浜公園で美化に励んだ。園内では473本の梅の木の1割を超す50本ほどが開花しており、紅葉と梅の共演が訪れた観光客の目を楽しませている。

1 2 3 5 もみじ 梅と緑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る