藤曲県議、11月24日に「県政報告会」 平和家庭連合の関連性を説明

秋の火災予防運動が始まり、熱海駅前の商店街「仲見世振興会」(武山陽司会長)は11月9日、熱海消防署と合同消防訓練を実施した。町内会とは別に同振興会主催で開くのは初めて。商店街の中ほどで火災が発生した想定で行い、各店の店主や従業員が観光客の避難誘導や、初期消火訓練を実施した。
藤曲敬宏県議も参加し、熱海消防署の職員から、今年、北九州市の旦過市場で起きた2度にわたる大規模な火災を例に、初期消火の重要性の説明を受け、火災予防や買い物客の誘導手順などを確認した。
同県議は、11月24日夜、ホテル大野屋(市内和田浜南町)で「県政報告会」を開き、伊豆山地区の復興へ向けた県の取り組みや、平和家庭連合(旧統一教会)との関係性について説明する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る