【市政】議会の注文満載で「居場所づくりバス」発進 2月定例会が閉幕

熱海市議会は16日、2月定例会最終本会議を開き、平成28年度一般会計予算案、平成27年度一般会計補整案など36案件を原案通り可決、承認して閉会した。
一般会計補正案の高齢者外出支援事業「まちの居場所づくりとバスの運行」については14日の総務福祉委員会で「運行時間の検証、増便の検討、他のバス会社と協議」など疑問の声が多数あり、付託委員会の委員長報告に「利用者ニーズをしっかりとらえ、3カ月ごとに議会に報告し協議を行う。年度途中においても事業の改善が図られ、市民が本当に利用しやすい制度となるよう取り組む」の文言を追加して採決し、条件付きながら賛成多数で可決。斉藤栄市長が新年度の「住まうまち熱海」の目玉に掲げる”高齢者居場所づくりバス”は議会からの注文も満載しての発進となった。
◇高齢者外出支援事業 交通不便地域の中野、和田木、桃山3地域の65歳以上の高齢者を対象に、4月より各3地域から週1回、熱海市役所を往復するマイクロバスを出す。往路は午前9時発、復路は市役所午後3時30分発。利用料金は年間50回で5000円。市の支出は1700万円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

総務福祉委員会委員長報告をした小森高正氏

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る