新年迎え、平成最後の初詣客 未明から参拝者続々/熱海・来宮神社


2019年の幕が開けた1月1日、商売繁盛のご利益で知られる来宮神社(雨宮盛克宮司)には、未明から大勢の参拝客が詰めかけ、にぎわいが続いている。
午前9時からは元旦祭が齊行され、氏子代表、齋藤栄市長、藤曲敬宏県議、奥田交治熱海警察署長、今年度の責任当番町を務める咲見町役員、厄年奉賛会の会員たちが参列、新年への思いを新たにした。
参集殿の屋上や社務所には、1000本用意した「まゆ玉」をはじめ、破魔矢、絵馬、お守りなど約5万点の縁起物などの販売コーナーができ、大楠木の前にも長い列ができ、健康長寿、家内安全などを祈念した。
同神社では正月三が日で10万人の参拝者を見込んでいる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る