新婚夫婦を祝福、江戸時代から続く奇祭「水浴びせ式」/熱海・下多賀神社

熱海市下多賀の下多賀神社(雨宮盛克宮司、渡辺幹夫氏子総代長)で1月2日、市指定無形民俗文化財に指定される「水浴びせ式」があった。鹿島水浴びせ保存会(梅原勝会長)の会員と小刀を挿した地元の中学生男子(若衆)らが「水浴びせ唄」に合わせて「水浴びせ踊り」を演舞。水役が昨年結婚した花婿に早朝汲み置いた海水を笹で振りかけて、新婚夫婦の門出を祝った。12年前に“花婿”の祝福を受けた齊藤栄市長夫妻がお祝いに駆け付けた。
■文政9年(1826年)から続く伝統儀式
下多賀地区で伝承される儀式で、前年に結婚した若者が円満な家庭を築くように祈願する。文政9年(1826年)以来、190年以上続く伝統儀式という。
今年は市内下多賀の冨岡忠雄さんと由美さん、同じく梅原宏安さんと尋子さん、静岡県伊豆市の小松一行さんと明恵さんの3組が果報者となった。花婿はいずれも下多賀出身。毎年1月2日の新年祈願祭に続き行っている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

■下多賀神社水浴びせ式内    境内の中央に太鼓役1人、水役2人が座り、踊り手は今年ことし青年になった若衆(現在は中学生)約15人が、濃紺の着物、紺足袋に白緒の草履、角帯に小刀を佩(はお)き、唄上げの水浴びせ唄に合わせて太鼓を中心に円舞する。
踊りの途中で、前年結婚した男子が水役に進み、祝福の海水を束ねた熊笹でふりかけられ、新婚家庭の繁栄を祈念、祝福する。


花婿の冨岡忠雄さん


花婿の梅原宏安さん


花婿の小松一行さん


鹿島水浴びせ保存会






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る