初夏の味覚に舌鼓、 GWの風物詩 初島ところ天祭り 大賑わい


首都圏に最も近い有人島、熱海市初島で5月1日、初島ところ天祭りが始まった。今年で44回目。初島港前特設会場では初島名物のところ天を1杯100円で提供し、ところてんの原料である地元特産のテングサをPR。東京、神奈川などから訪れた観光客らが酢醤油、初島風のみそだれ、黒みつから好みのたれを選んで初夏の味覚を味わった。
会場の一角では、熱海港と同島を結ぶフェリー「イルドバカンス」の到着に合わせて同島で採れた天草を大鍋で煮る実演をし、ざるや布でこしたりしてところてん作りを披露。行楽客に初島の魅力をアピールした。会場ではサザエつぼ焼きや原料のテングサ、ところてん、黒磯のりなど初島の特産品を販売。島内の民宿に宿泊した人には、ところてん試食券のプレゼントもある。
期間中(5日まで)の来島客数は1万人を見込んでいる。午前10時~午後4時。各日1200食を用意している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■問い合わせは0557-67-1400(初島区事業協同組合)




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る