台風接近 傘を手に2万5千人、熱海の夏満喫 夏季花火大会開幕

熱海海上花火大会の夏季シリーズが7月26日、熱海湾で開幕した。午後8時20分から5千発の花火が次々に打ち上げられ、2万5千人の観客を魅了した。台風6号の接近で打ち上げ途中から雨脚が強まったが、首都圏などから訪れた見物客らは、傘を差しながら熱心に観賞。大玉の花火が広がり、直後に「どど-ん」と大きな音が空気を震わすと、次々に歓声が上がった。

親水公園イベント広場では、夏季海上花火大会の毎回、打ち上げ前に「熱海で遊ぼ!ゆかたで遊ぼ!」が開催され、初日はP-school、ライマナ、SOLZICKがステージを飾った。市内の飲食店による出店もあり、地元の美味しい食べ物と冷たい飲物を手に、無料ライブと花火で夏の熱海を満喫した。

今夏は、この日を皮切りに7月30日(火)、8月5日(月)、8日(木)、18日(日)、23日(金)、30日(金)の計7回の熱海海上花火大会がある。(熱海ネット新聞)

主催=熱海温泉ホテル旅館協同組合

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る