齋藤栄熱海市長、5期目の明言避ける 今年9月13日に任期満了

今年9月13日に任期満了を迎える熱海市長選について、5期目への出馬が注目されている齋藤栄市長は3月9日の市議会2月定例会で「土石流災害とコロナ禍の2つの大きな課題を同時に抱えている。この難局を乗り越えるため、苦境に正面から向き合い全身全霊で取り組む覚悟だ。今は目の前の課題に全力で取り組むことしか考えていない」と述べるに留め、明言を避けた。村山憲三氏(熱海市政調査会)の一般質問に答えた。
次の市長選には、保守系の市民グループらが候補者擁立を目指しており、齋藤氏の進退が注目されている。

また熱海市土石流の大規模土石流をめぐる氏の責任については「当事者である行政自身が判断するべきものではない」と述べ、第3者による客観的な判断が必要との認識を示した。県が発生原因の究明や行政対応の検証を進め、市議会も調査特別委員会(百条委員会)を設置して調査していることを踏まえ、「今果たすべきことは、検証に誠実に協力すること。結果を真摯に受け止め、再発防止に生か差なければならない。(場合によっては)最終的に司法の判断を仰ぐものと考えている」と述べた。
橋本一実(熱海市民クラブ)の一般質問に答えた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る