齋藤栄熱海市長、5期目の明言避ける 今年9月13日に任期満了

今年9月13日に任期満了を迎える熱海市長選について、5期目への出馬が注目されている齋藤栄市長は3月9日の市議会2月定例会で「土石流災害とコロナ禍の2つの大きな課題を同時に抱えている。この難局を乗り越えるため、苦境に正面から向き合い全身全霊で取り組む覚悟だ。今は目の前の課題に全力で取り組むことしか考えていない」と述べるに留め、明言を避けた。村山憲三氏(熱海市政調査会)の一般質問に答えた。
次の市長選には、保守系の市民グループらが候補者擁立を目指しており、齋藤氏の進退が注目されている。

また熱海市土石流の大規模土石流をめぐる氏の責任については「当事者である行政自身が判断するべきものではない」と述べ、第3者による客観的な判断が必要との認識を示した。県が発生原因の究明や行政対応の検証を進め、市議会も調査特別委員会(百条委員会)を設置して調査していることを踏まえ、「今果たすべきことは、検証に誠実に協力すること。結果を真摯に受け止め、再発防止に生か差なければならない。(場合によっては)最終的に司法の判断を仰ぐものと考えている」と述べた。
橋本一実(熱海市民クラブ)の一般質問に答えた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る