齋藤栄市長、県庁で川勝平太知事に「早期復旧と給水支援」要望

熱海市の齋藤栄市長は10月15日、静岡県議会の最大会派「自民改革会議」の野崎正蔵政調会長、藤曲敬宏県議ら同会派議員団とともに県庁に川勝平太知事を訪問。台風19号の影響で県企業局が管理する駿豆水道の水道管が函南町で破損し、市内8千世帯で断水していることに対し、早期復旧を要望した。
市長は市内全世帯のおよそ4割、1万6千人が生活に支障をきたし、基幹産業である観光業を中心に多方面に甚大な損害が発生する非常事態になっていることを説明し、「少しでも早い復旧と、断水に関する応急給水支援、断水に伴う諸費用に対する支援」を文書を添えて要望した。
知事は「復旧工事は昼夜行って行く。熱海市は3分の1を県営駿豆水道に頼っており、水がないと生活困ることは理解している。応急措置をするとともに復旧に取り組んでいく」と述べた。
復旧の時期については、県の水道事業を行っている県企業局は14日の県庁での会見で「22日までに工事を完了させ、復旧は23日なる」と、当初の目途より1日遅れる見通しを示したが、知事は「半日でも1時間でも早く復旧できるように努める」と話すにとどめた。
知事訪問には、竹部隆市議会議長、稲村千尋、高橋幸雄、杉山利勝、越村修、赤尾光一、泉明寺みずほ、後藤雄一市議が同行し、県企業局の松下育蔵局長にも早期復旧を要望した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る