熱海市、断水地区に携帯トイレ配布 10月17日から6万枚

熱海市は、台風19号の影響で断水が続いている地区に10月17日から携帯用トイレを配布する。市生活部危機管理部が購入した6万枚の携帯トイレが17日午前9時に市役所に届き、荷下ろし後、断水地区でトイレの問題が発生している18町内会の各集会場に配送する。
携帯トイレは、水が流せない洋式便器などに取り付ける便袋で、ビニール袋と凝固剤、または吸水シートとを組み合わせて使う。今回購入したサニタクリーン便袋は、消臭・抗菌効果に優れ、折り返すだけで便器として使用できる。巨大地震や台風で断水が起きた被災地では、必需品となっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-5

    捜索救援活動、熱海署と市消防の60人に縮小 自衛隊、警察、消防が撤収

    熱海市の伊豆山土石流災害で、行方不明者の捜索活動を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の撤収に続き、立ち…
  2. 2021-8-5

    静岡県にも「まん延防止措置」適用 期間は8月8日から 県東部も対象へ

    政府は8月5日、新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の適用地域に、静岡、愛知、福島、茨城、栃…
  3. 2021-8-4

    熱海市で新たに3人がコロナ感染 静岡県、東京都ともに過去最多更新

    静岡県は8月4日、熱海市で新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。高齢でな成人2…
  4. 2021-8-4

    【お悔やみ】小野寺克巳さん(熱海市網代)8月3日死去

    小野寺克巳さん(おのでら・かつみ)8月3日死去、68歳。熱海市網代279の7。出棺4日午前11時、…
ページ上部へ戻る