熱海梅園もみじまつりの人出4万821人 暖冬で紅葉遅れ、前年比28%減

熱海市観光協会は「熱海梅園もみじまつり」(11月16日~12月8日)の人出をまとめ、発表した。開催期間中に熱海梅園を訪れた人は4万821人で前年(5万7114人)を1万6243人下回った。約28パーセント減。暖冬で紅葉が遅れたことが影響した。昼夜別では昼が3万8014人、ライトアップされた夜が2807人。梅園前駐車場の利用者は昼5502台、夜568台でこちらも約26パーセント減少した。
写真は紅葉が見頃過ぎに入った12月21日の園内の様子。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る