10月の熱海市内宿泊客18%減 台風19号が打撃 5年連続300人超えは確実

熱海市が12月25日公表した10月の宿泊旅行統計調査(入湯税ベース)によると、熱海市内の延べ宿泊者数は21万5017人(速報値)と、前年同期の26万4085人と比べて18・6%減少した。台風19号の影響で一部地域で断水したことと、JRの計画運休発表に伴う宿泊キャンセルが深刻だったことが改めて浮き彫りになった。伊豆山地区が同29・2%ともっとも落ち込みが大きかった。
1月から10月末までの累計宿泊者数は258万3350人で前年同時期を上回っており、11月、12月とも前年を上回る宿泊客が訪れていることから、5年連続の300万人超えは確実となった。

また市内の日帰り温泉利用者も10月現在で7万5884人増え、19万5201人(約38%増)。3月末に開業した熱海後楽園ホテルの複合型日帰り温泉施設「 オーシャンスパ Fuua(フーア)」が誘客を牽引している。
(熱海ネット新聞)
※入湯税の数値は申告が月をまたぐ場合があり、速報値と多少誤差が生じる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る