花火大会再開と海水浴場開設の可否、6月25日に判断 熱海市

熱海市の齋藤栄市長は6月18日、新型コロナウイルスの影響でペンディング状態にある今夏の市内海水浴場開設と8月以降の花火大会再開について、26日に判断する考えを明らかにした。市議会観光建設公営企業委員会で「それまでに具体的な混雑回避、蜜を避ける方策を詰め、26日の定例記者会見までに公表したい」と述べた。海水浴場は期間短縮、花火大会については日帰り客への観賞自粛要請などを検討している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
  2. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  3. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
  4. 2020-8-5

    【お悔やみ】山田チエさん(熱海市西熱海町)8月3日死去

    山田チエさん(やまだ・チエ)8月3日死去、98歳。熱海市西熱海町。出棺7日午前11時、熱海葬祭中央…
ページ上部へ戻る