熱海市田原本町「平和通り」 路線価格8・5%上昇 伸び率県内最高

国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。静岡県全体の標準宅地(9000地点)の平均増減率が前年を0・4%下落する中、県内13税務署のうち、最も伸び率が高かったのはJR熱海駅前、熱海市田原本町の「平和通り」。路線価格は1平方㍍あたり25万円5000円で前年比で8・5%上昇した。2016年に熱海駅ビル「ラスカ熱海」が開業して以来、若年層の観光客や日帰り客が増え、飲食店のオープンも相次いでいる。
県内で最も路線価が高かったのは41年連続で静岡市葵区紺屋町の「紺屋町名店街呉服町通り」。1・8%上昇して121万円だった。県内で上昇したのは、6地点で前年と同じだった。
評価は1月時点で、新型コロナウイルスの影響を反映していない。
(熱海ネット新聞)
■路線価 道路に面した標準的な宅地1平方㍍あたりの土地の評価額。相続税や贈与税の計算の基礎となる価格。


■静岡県内の路線価格上昇地
熱海市田原本町 23・5万円(8・5%増)
藤枝市前島 15・0万円(3・4%増)
浜松市東区和田町 10・0万円(3・1%増)
静岡市清水区草薙 18・5万円(2・8%増)
浜松市中区砂山町 98・0万円(1・0%増)
静岡市葵区紺屋町 121・0万円(0・8%増)

磐田市中泉 10・5万円(0・0%増)
三島市一番町 25・0万円(0・0%増)
沼津市大手町町 27・5万円(0・0%増)
富士市本町 12・0万円(0・0%増)
下田市東本郷 8・1万円(0・0%増)
など

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る