台風一過、行楽客が熱海サンビーチに 昼と夜の市街に賑わいの差

台風14号が次第に離れ、10月11日の熱海市は台風一過の青空が広がった。台風が運んできた暖かな空気に日差しが戻り、最高気温は24・5度と9月下旬の陽気に…。熱海サンビーチには首都圏などから訪れた行楽客らが朝の早い時間から繰り出し、散歩をしたり、美しい風景をスマホに収めるなどして休日を楽しむ姿が見られた。
台風の影響で前夜の熱海海上花火大会の人出が3千人(主催者発表)と少なかったことから、夜営業がメーンの飲食関係者からは「台風通過がもう1日早ければ」という声も聞かれたが、GoToトラベルの対象に東京発着の旅行が追加されたこともあり、日中の熱海市街は土日とも若い観光客で混雑。対照的な昼と夜の賑わいの差が浮き彫りとなった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る