国の登録文化財 熱海市泉の旧井上馨公爵熱海邸 10月22日に一般公開

熱海市教育委員会は10月22日、泉支所近くにある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」(2019年9月登録、熱海市泉26ー7)を特別公開する。明治16年(1883)年に「鹿鳴館」を完成させた外務卿、井上馨が明治後期に建てた別邸。和風建築に洋室を内包する木造2階建てで、木彫り花鳥欄間のある和室や張り出し窓つきの洋間など格調高い造りになっている。伊藤博文(初代内閣総理大臣)や西園寺公望(元老)などの扁額が飾られている。
桂太郎(日露戦争当時の内閣総理大臣)の三男で井上家の養子となった井上三郎侯爵から昭和11年に早山石油の創業者・早山与三郎に売買され、住まいとして使われた。その後、曳家(ひきや)が行われ、平成24年から「湯河原清光園 旧井上馨別邸の宿」の名で1日3組6名限定で利用されている。

この日は、静岡県の「しずおか文化財ウィーク」の一環として宿泊客以外の人にも特別公開する。午前11時、午後1時半、同2時半、同3時半から各回40分間。定員は各回5人までで事前予約が必要。参加費無料。申し込みは下記へ10月15日まで。
(熱海ネット新聞)

■申込方法 電話(0557ー86ー6234)・ファクス(0557ー86ー6606)・Eメール(bunkakoryu@city.atami.syizuoka.jp) で熱海市文化交流室へ。応募多数の場合は抽選。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る