全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」(令和元年9月登録)を一般公開した。幕末から明治にかけて活躍し、外務卿や大蔵大臣を歴任した井上馨(天保6〜大正4年)が明治後期に建てた別邸。和風建築に洋室を内包する欧米文化が融合された木造2階建てで木彫り花鳥欄間のある和室や張り出し窓つきの洋間など格調高い造りになっている。伊藤博文(初代内閣総理大臣)や西園寺公望(元老)などの扁額や近代を代表するジャーナリスト徳富蘇峰の書などが、そこかしこに飾られている。


旧井上馨別邸を象徴する部屋が、六角の応接間。欧化政策を推進して鹿鳴館と帝国ホテル建設に尽力した井上馨ならではの注文建築。館主の牧田健二さんによれば、当時は政界や財界の重要人物を招き、この六角部屋で密談を重ねていたそうで「そんな時代背景を知れば、文明開花当時の特別の時間が楽しめます」。

同館はのちに、桂太郎(日露戦争当時の内閣総理大臣)の三男で井上家の養子となった井上三郎侯爵から昭和11年に早山石油の創業者・早山与三郎に売買され、住まいとして使われた。その後、25メートルの曳家(ひきや)が行われ、平成24年から「湯河原清光園 旧井上馨別邸の宿」として1日2組6名限定で利用されている。昨年、国の登録有形文化財に指定され、全国でも極めて珍しい宿泊施設となった。
この日は、静岡県の「しずおか文化財ウィーク」の一環として宿泊客以外の人にもじっくり鑑賞してもらおうと、同宿の協力を得て熱海市が特別公開した。新型コロナウイルス感染防止のため定員を20人に限定。事前申込制で実施したところ、市内外から46人の応募があり、案内する回数を倍の8回に増やして全員を受け入れた。市は新たな観光文化資源に期待している。
(熱海ネット新聞)
■湯河原清光園 熱海市泉26ー7 0465ー62ー2038
■宿泊料金 1泊2食1万2500円(税込) GoToトラベル利用可

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

10月
23
2021
6:00 PM 静岡熱海花火フェス @ 渚親水公園ムーンテラスなど
静岡熱海花火フェス @ 渚親水公園ムーンテラスなど
10月 23 @ 6:00 PM – 8:00 PM
同夜のイケブン主催の熱海海上花火大会の関連ステージイベント。19時〜湘南なぎさの阿波踊りなど。
8:00 PM イケブン熱海海上花火大会 @ 熱海湾
イケブン熱海海上花火大会 @ 熱海湾
10月 23 @ 8:00 PM – 8:40 PM
静岡県内の全花火製造会社(8社)の合同花火。40分間に5500発。
渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-10-16

    十国峠ケーブルカー、開業65周年 記念の「バックヤードツアー」 開催

    熱海市と函南町の境にある十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は10月16日、開業65周年(1956年1…
  2. 2021-10-16

    静岡県、伊豆山土石流の行政手続きの公文書公開 18日からHPで

    熱海市伊豆山の大規模土石流で被害を拡大させた盛り土について、静岡県は10月18日午前10時から行政手…
  3. 2021-10-16

    市内の早大卒業生組織「熱海稲門会」伊豆山土石流の被災者に義援金

    早稲田大学熱海稲門会(森田金清会長)は10月15日、伊豆山土砂災害の被災支援に義援金20万円を寄付し…
  4. 2021-10-15

    今宮神社例大祭 祭典委員会が市長訪問 土石流鎮魂、復興祈願

    今宮神社の例大祭(10月19、20日)を前に祭典委員会(島田善一委員長)の役員4人と泉明寺みずほ宮司…
ページ上部へ戻る