新弟子前相撲の武井、熱海富士の四股名で白星デビュー 一番出世に王手

大相撲11月場所3日目の11月10日、新弟子検査に合格した5人らによる前相撲が始まり、熱海市出身で飛龍高相撲部(沼津市)の熱海富士(武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋)が寄り切りで圧勝し、白星デビューを飾った。2勝すれば翌場所に序ノ口に上がる資格を得る。
大相撲の番付表には、横綱を筆頭に600人以上の力士の四股名が載っているが、序ノ口以上に限られる。熱海富士も来場所の番付表から四股名が載り、取り組みなどで「熱海市出身」が紹介される。

四股名が熱海富士に決まった武井は、飛龍高1年時からレギュラーで活躍。昨年のインターハイや国体、高知での選抜選手権に出場し、今年のインターハイでは個人および団体の優勝候補に期待されていた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、本年度の全国大会は中止となり、この土俵が約1年ぶりの公式戦だった。
所属する伊勢ケ浜部屋は、横綱旭富士が親方で横綱日馬富士、大関照ノ富士らを輩出。四股名の接尾辞に「富士」の付く力士が多い。
(熱海ネット新聞)
■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    熱海サンビーチなど市内3海水浴場、7月17日から開設 8月29日まで

    熱海市は6月21日、熱海サンビーチ、長浜海水浴場、網代温泉海水浴場の3カ所全てを7月17日(土)~…
  2. 2021-6-22

    【お悔やみ】清水信彦さん(熱海市下多賀)6月20日死去

    清水信彦さん(しみず・のぶひこ)6月20日死去、77歳。熱海市下多賀331の9。通夜22日午後6時…
  3. 2021-6-22

    【お悔やみ】山本登さん(熱海市下多賀)6月18日死去

    山本登さん(やまもと・のぼる)6月18日死去、74歳。熱海市下多賀572の29。通夜23日午後6時…
  4. 2021-6-21

    「ジャカランダ・フェス」の人出9728人 一昨年の55•7%減

    熱海市観光協会は6月21日、ジャカランダ遊歩道で2年ぶりに開いた「ATAMIジャカランダ・…
ページ上部へ戻る