熱海市、21年度予算編成に苦慮 コロナ禍で税収が13億円超減収

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが1月8日、始まった。齋藤栄市長と金井慎一郎副市長が各部課や教育委員会から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、18日まで続ける。
予算編成へ向けた各課の要求額は計約196億4千万円。一方、歳入は新型コロナウイルス感染拡大の影響で税収が13〜14億円ほど減少し、157億円を見込んでいる。現時点で差額が39億4千万円あり、これを財政当局が23億円ほどに圧縮。不足する15〜16億円は起債で対応する方針で、今回のヒアリングでは残る7〜8億円を埋める作業を行う。

来年度の予算規模は、2020年度当初予算の186億3100万円を下回る見込みで、市長は「限られた財源で費用対効果を高め、市民が希望を感じる予算をな編成したい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る