熱海市、21年度予算編成に苦慮 コロナ禍で税収が13億円超減収

来年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが1月8日、始まった。齋藤栄市長と金井慎一郎副市長が各部課や教育委員会から要望などを聴いて事業の取捨選択を行うもので、18日まで続ける。
予算編成へ向けた各課の要求額は計約196億4千万円。一方、歳入は新型コロナウイルス感染拡大の影響で税収が13〜14億円ほど減少し、157億円を見込んでいる。現時点で差額が39億4千万円あり、これを財政当局が23億円ほどに圧縮。不足する15〜16億円は起債で対応する方針で、今回のヒアリングでは残る7〜8億円を埋める作業を行う。

来年度の予算規模は、2020年度当初予算の186億3100万円を下回る見込みで、市長は「限られた財源で費用対効果を高め、市民が希望を感じる予算をな編成したい」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る