熱海梅園、トップシーズンに 「思いのまま」など遅咲き梅咲き出す

梅まつり開催中の熱海梅園で、遅咲きの思いのまま、見驚(けんきょう)、藤牡丹枝垂、曙が咲きだし、これで全60種469本のうち、51種429が出揃った。
「思いのまま」は、1本の木に紅梅と白梅が混在して咲く珍しい品種。育てている人の希望などまるで気にせず思いのままに咲き分けるのでその名がついた。1輪の中にピンク色の花びらが混じったりして毎年姿を変える。「輪違い」ともいい、熱海梅園には6本植えられており、最も人気が高い。

毎年、このアイドル梅が咲き出すと、早咲き勢の見頃が終盤に差し掛かり、中咲き、後咲き梅が順にピークに突入。主役の梅が週ごとに交錯し、熱海梅園はトップシーズンを迎える。
(熱海ネット新聞・熱海梅園取材班)
◾️未開花の梅(2月13日現在) 月影枝垂れ、武蔵野、緑萼枝垂れ、桃園、東錦、白獅子、乱雪、開運※2019年8月の強風で倒木した甲州最小は除く。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る