脚本家の橋田壽賀子さん、熱海名誉市民に 沢田政広、杉本苑子氏に続き3人目

熱海市は2月17日、「渡る世間は鬼ばかり」などの作品で知られる脚本家で文化勲章受章者の橋田寿賀子さん(95)=熱海市在住=を名誉市民に推戴する方針を明らかにした。名誉市民は市表彰条例で規定され、市議会2月定例会に諮り、了承されれば、彫刻家の沢田政広氏、作家の杉本苑子氏=いずれも文化勲章受章者、故人=に続く3人目の名誉市民となる。
橋田さんは昭和50年代から熱海市を生活や執筆活動の拠点にし、来宮神社の節分祭や例大祭に長年参加するなど市民との交流を深めてきた。齋藤栄市長は「広く社会の発展に貢献し、市民の象徴になり得るとの条文にも合致する」と述べた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る