緊急事態明け、花火見物の人出増 首都圏の若者観光客、熱海で思い出づくり

首都圏4都県に発令されていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されて初の週末となった3月27日、熱海市内は思い出づくりの若者の宿泊客でにぎわいを見せた。コロナ禍以前の春の観光シーズンの人出がほぼ戻り、その多くが今年2度目の熱海海上花火大会が目当て。東京、神奈川からの日帰り客の姿も多く見られた。
熱海温泉ホテル旅館協同組合によれば、この夜の宿泊状況はほぼ満室。多くが卒業旅行のグループや20代のカップルでリピーターの高齢者は少ないという。花火会場の海岸部は若者であふれ、一部デッキでは、混み合っている状況が見られた。
観衆は7千人(主催者発表)。宿泊客はホテル、市民は自宅からの観覧が多かった。主催する熱海市ホテル旅館協同組合連合会は、感染対策に配慮し、通常午後8時20分から25分間打ち上げる花火を15分間に縮め、爆音とともに3千発を打ち上げた。次回は30日(火)に今年度最後の花火大会を開催する。新社会人前の駆け込み需要が続く。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    熱海サンビーチなど市内3海水浴場、7月17日から開設 8月29日まで

    熱海市は6月21日、熱海サンビーチ、長浜海水浴場、網代温泉海水浴場の3カ所全てを7月17日(土)~…
  2. 2021-6-22

    【お悔やみ】清水信彦さん(熱海市下多賀)6月20日死去

    清水信彦さん(しみず・のぶひこ)6月20日死去、77歳。熱海市下多賀331の9。通夜22日午後6時…
  3. 2021-6-22

    【お悔やみ】山本登さん(熱海市下多賀)6月18日死去

    山本登さん(やまもと・のぼる)6月18日死去、74歳。熱海市下多賀572の29。通夜23日午後6時…
  4. 2021-6-21

    「ジャカランダ・フェス」の人出9728人 一昨年の55•7%減

    熱海市観光協会は6月21日、ジャカランダ遊歩道で2年ぶりに開いた「ATAMIジャカランダ・…
ページ上部へ戻る