緊急事態明け、花火見物の人出増 首都圏の若者観光客、熱海で思い出づくり

首都圏4都県に発令されていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除されて初の週末となった3月27日、熱海市内は思い出づくりの若者の宿泊客でにぎわいを見せた。コロナ禍以前の春の観光シーズンの人出がほぼ戻り、その多くが今年2度目の熱海海上花火大会が目当て。東京、神奈川からの日帰り客の姿も多く見られた。
熱海温泉ホテル旅館協同組合によれば、この夜の宿泊状況はほぼ満室。多くが卒業旅行のグループや20代のカップルでリピーターの高齢者は少ないという。花火会場の海岸部は若者であふれ、一部デッキでは、混み合っている状況が見られた。
観衆は7千人(主催者発表)。宿泊客はホテル、市民は自宅からの観覧が多かった。主催する熱海市ホテル旅館協同組合連合会は、感染対策に配慮し、通常午後8時20分から25分間打ち上げる花火を15分間に縮め、爆音とともに3千発を打ち上げた。次回は30日(火)に今年度最後の花火大会を開催する。新社会人前の駆け込み需要が続く。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る