端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しませている。1日に開幕した「花まつり」(〜5日)に合わせてビジターセンター奥に約100メートルのロープを張り渡し、取り付けた。期間中の2日に静岡県を遅った突風の猛威で満開だったツツジの花が吹き飛ばされるなどの被害があったが、こいのぼりは風速20メートルを超す強風に耐え、元気になびき続けた。
公園を指定管理する姫の沢公園パートナーズでは、古くなったり、使わなくなった「こいのぼり」の寄付を呼び掛けている。来年以降の「花まつり」で活用して掲げる。
(熱海ネット新聞)
■問い合せ0557-83-5301(姫の沢公園パートナーズ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る