大型連休の熱海温泉の宿泊客6万人 コロナ禍前より36•6%減 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大型連休(4月29日〜5月5日)に熱海温泉の宿泊施設を利用した人は6万841人で、コロナ禍以前の2019年(9万5935人)に比べ、36•6%減少したことが分かった。熱海市が5月14日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(加盟65施設)の予約状況(4月20日現在)を基に推計し、発表した。
ピークは5月3日の1万2161人(12•7%減)で稼働率は大規模施設(80室以上)が78%、中規模(20室〜79室)が95%、小規模(19室以下)が90%。1日から4日は1万人台をキープしたが、GW最終日の5日は4431人(36•6%減)に落ち込んだ。
人との接触を抑えるため、大規模施設が食堂や大浴場の利用人数を制限したことが利用者に歓迎された一方、全体の宿泊客の減少につながった。
2019年の熱海温泉は3日の1万3936人を最高に4月29日〜5月5日まで各日とも1万3000人以上。大規模施設の稼働率は、各日とも95%を超えていた。
食材の仕入れなどを含めた市内経済の損失額は、2019年比で11億3800万円という試算もある。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る