大型連休の熱海温泉の宿泊客6万人 コロナ禍前より36•6%減 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大型連休(4月29日〜5月5日)に熱海温泉の宿泊施設を利用した人は6万841人で、コロナ禍以前の2019年(9万5935人)に比べ、36•6%減少したことが分かった。熱海市が5月14日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(加盟65施設)の予約状況(4月20日現在)を基に推計し、発表した。
ピークは5月3日の1万2161人(12•7%減)で稼働率は大規模施設(80室以上)が78%、中規模(20室〜79室)が95%、小規模(19室以下)が90%。1日から4日は1万人台をキープしたが、GW最終日の5日は4431人(36•6%減)に落ち込んだ。
人との接触を抑えるため、大規模施設が食堂や大浴場の利用人数を制限したことが利用者に歓迎された一方、全体の宿泊客の減少につながった。
2019年の熱海温泉は3日の1万3936人を最高に4月29日〜5月5日まで各日とも1万3000人以上。大規模施設の稼働率は、各日とも95%を超えていた。
食材の仕入れなどを含めた市内経済の損失額は、2019年比で11億3800万円という試算もある。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-25

    【お悔やみ】三枝俊雄さん(熱海市田原本町)1月23日死去

    三枝俊雄さん(さえぐさ・としお)1月23日死去、82歳。食事処ふくや。熱海市田原本町1の5。通夜26…
  2. 足湯

    2022-1-24

    新たに児童のコロナ感染判明 熱海市内の別の小学校1校で学年閉鎖 

    熱海市教育委員会は1月24日、市内の小学校1校で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、当該校の…
  3. 2022-1-23

    上多賀など南熱海4地区で「どんどん焼き」 たぎる炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月23日午前、南熱海の4地区(上多賀、下多賀、中野、和田木)で開催さ…
  4. 2022-1-23

    熱海市の新規コロナ感染者14人 10人超は6日連続=1月23日

    静岡県と熱海市は1月23日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前日…
ページ上部へ戻る