高齢者向け集団接種開始 新型コロナワクチン 初日は180人

熱海市は5月15日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への集団接種を開始した。初日は熱海市役所で行われ、事前予約した65歳以上を対象に180人が接種を受けた。初日の開設時間は3時間でパーテーションを設置して医師3人が3レーン体制を組み、1時間あたり20人に摂取した。対象者は予診票確認、予診などを経て接種を受け、経過観察した。市は今後、6会場を巡回し、土曜、日曜に開設する。個別摂取は10日から、国際医療福祉大学熱海病院と熱海所記念病院で始まっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    鮮やか紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-25

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
ページ上部へ戻る