高齢者向け集団接種開始 新型コロナワクチン 初日は180人

熱海市は5月15日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への集団接種を開始した。初日は熱海市役所で行われ、事前予約した65歳以上を対象に180人が接種を受けた。初日の開設時間は3時間でパーテーションを設置して医師3人が3レーン体制を組み、1時間あたり20人に摂取した。対象者は予診票確認、予診などを経て接種を受け、経過観察した。市は今後、6会場を巡回し、土曜、日曜に開設する。個別摂取は10日から、国際医療福祉大学熱海病院と熱海所記念病院で始まっている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る