“スーパームーン” の皆既月食 熱海では雲が邪魔して本番前後の部分食だけ 

満月が地球の影にすっぽりと隠れる皆既月食の一部が熱海でも観測された。沖縄や北海道では5月26日午後8時9分から約20分間、珍しい皆既月蝕の天体ショーが見られたが、熱海では梅雨前線の影響で雲が広がり、月蝕が始まった午後6時44分から約10分間、雲の合間に見え、その後雲に隠れた。再び姿を現したのは午後9時11分ごろ。“本番”を挟んで月食の始まりと終わりの部分が観測できた。
皆既月食は太陽、地球、月が一直線に並び、満月が地球の影に完全に覆われる現象。しかし、太陽光で大気を通った赤い光だけが月を照らすため、真っ暗にはならず、赤銅色に見える。皆既月食は3年ぶりだが、今回は1997年9月以来となる、地球に近づいて1年で最も大きく見える「スーパームーン」と重なり、話題を集めていた。
熱海サンビーチのムーンテラスでは、マスク姿の人たちが、スマホを手に天体ショーを観察した。次に皆既月食が見られるのは2022年11月8日という。
(熱海ネット新聞•天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る